高額買取になる条件

車の買取において高額で買取される車とそうでない車がある事はご存知でしょうか。
高額で買取される車は人気があり高額で売買されるのです。その事実を知ると査定の基準がより明確になると思いますのでご紹介したと思います。

・車種
沢山のメーカーがあり様々な車種が販売されていますが、自然と人気のある車と人気のない車に分かれてしまいます。もちろん中古車買取においても人気のある車種が高額買取になります。
・ボディカラー
一般的に人気がある色は白、黒、パール、シルバーです。車種によって多少の違いはあります。例えば女性には赤も人気がある色です。これらの色が高額買取となるのは間違いないでしょう。
・走行距離
一般的に車の走行距離は普通車で年間1万キロ、軽自動車で8千キロとされています。この距離を基準値として走行距離が少なければ、プラス査定、走行距離が多ければマイナス査定となります。
・シフト
車種によって違いがありますが、マニュアル車とAT車で査定価格が異なります。
スポーツタイプの車ではマニュアル車の方が人気、査定評価共に高くなります。車種によっては数十万の違いが出てきます。
セダン、RV車ではAT車の査定評価が高くなります。
・年式
新車販売から次回のフルモデルチェンジまでの間に大体1回から2回のマイナーチェンジが行われます。この場合においては通常の年式による価格の差より大きい差額が出てきます。
・オプションパーツ
カーナビ、ステレオ、サンルーフ、皮シート、エアロパーツなどの純正品が備わっている場合、何もついていない状態に比べると高額買取になるでしょう。
・社外パーツ

カーナビ、ホイール、エアロパーツなどの社外パーツが備わっている場合は高額買取される可能性が高いです。しかし派手な塗装や個人の趣味を最優先した改造は逆に査定が下がる可能性もあります。